子供の遠視は見逃してはいけない!

子供の遠視を見逃してはいませんか?
生活のなかで「何であれが見えないの」と叱りつける親御さんを多く見かけます。

 

 

そうした子供のお父さんやお母さんは目が比較的にいい人が多いので、子供の状態を把握することができないことが多いようです。
子供の側からすると、親に理解されないという不信感を持ってしまうでしょう。

 

 

また、何もしないで遠視を放置すると片目でものを見る習慣が身につき、左右の脳にバランスよく情報が伝わらなくなって、考えなどがまとめられにくくなったり、立体感が把握できないので、距離感も掴みずらくなり、物によくぶっかったり転んだりします。

 

 

実際に今の子供は、考え方や行動にチグハグさが多く見られます。
例えば、視力検査でランドル環の穴が開いている方向を言葉で言えなかったり、逆に指で方向を示してもらっても、口で言っている向きと指で示す方向が違ったりします。

 

 

これは目と脳のバランスの乱れから起きていると考えられ、認知障害のような状態が起きているのです。
へたをするとそうした症状を持つたまま大人になってしまうので、子供の遠視は見逃してはいけません。

 

 

当然、このような状態では、記憶するという働きも発達しにくくなるので、スポーツや勉強がどうしても苦手になってしまいます。
大切のは、勉強をたくさんすることではなく、まずはその基本とも言える目と脳を正常化して楽しく学習できる下地を作ることが大切だと思うのです。

 

 

ただ、子供の遠視は、眼科では殆どの場合に眼鏡をかけてアイパッチをしておしまいですが、これだけでは治りません。
その為、あきらめているケースが多く見られます。

 

 

ですが、安心してください。スポーツ科学的にも実証されたビジョントレーニングなら、早くて数日、遅くても90日以内には、一度下がった視力(近視、遠視、乱視、老眼)を、メガネなどが必要のないレベルまで 視力を回復させることに 成功した例が数多くあります。

 

 

ビジョントレーニングは実際にどんなことを行うのかというと、主なものにはまず、両眼を正しく動かす為のトレーニングがあり、これはいわば目のストレッチのようなものです。

 

 

これをすることで、今までよりもはっきり立体的に見えるようになった人がいるほど、効果があるものです。
それから、眼と脳の連携をスムーズにするためのイメージトレーニングと、眼から得た情報に合わせて素早く正確に体を動かすものなどがあり、この2つは眼と体の連携の質を高めて、イメージ力、記憶力などの能力アップが期待できます。

 

 

これらはほんの一部ですが、全て自宅でゲーム感覚で楽しんで行えるものばかりです。
その他には、教材内容に記載していますのでそちらをご覧下さい。

 

 

プロの専門家が教えるテレビでも紹介された話題の視力回復法!

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる