学校の視力検査の問題点

仮性近視はこれまでに何度も述べていますが、早期発見しだい!
近視の初期の症状と考えて、出来るだけ早くに視力回復の手立てをこうじることが大切です。

 

 

そうすれば、十分に見えるようになることも可能です。
ところが、残念なことに早期発見がなかなかされません。
今の学校では、定期身体検査が年に2回程度実施され、その時に視力検査も行われています。

 

 

ですが、学校では仮性近視を早い時期に見つけるというのはなかなかいかないようです。
というのも、学校の検査では、勉強に支障のある視力を発見することが目的になって、仮性近視を見つけるためには行われていないからです。

 

 

学校保健では、教室のどの机からも黒板に書かれれた文字が、濃さや大小に関係なく見える為には、0,7以上の視力が必要としています。
また、普通教育ができる為の視力は0.3以上としており、それ未満は教育的弱視児として扱うことになっているようです。

 

 

このことからも分かるように、学校の視力検査は0,7以下の目が悪い子を見つける為に行われているので、それに引っ掛からなければ正常ということになってしまうわけです。
ところが、実際には、検眼で裸眼視力が1.0とかでも仮性近視が起きている場合が多いのです。

 

 

このことは、ある調査によれば学校検眼で、1.0以上あった子供に調節麻痺剤点眼後に屈折検査を行ったところ、近視だった子が18パーセント、遠視だった子が24パーセントもあったと報告しています。

 

 

ですから、学校の検眼で分かって眼科に行った段階では、既に真性の近視になっていることも多いのです。
そうなれば、回復にも時間か掛かりますし、良くなる程度にも差が出てきてしまいます。

 

 

だからといって、学校の視力検査があてにならないといっているわけではありません。
もちろん、きちんと受けなければいけませんが、仮性近視を早期に発見するという点では問題があり、今後検討する余地があると思われます。

 

 

いずれにしても、子供の視力異常を早期に発見できるのは、親御さんしかいません。
特にお子さんと日常生活で接することが多いお母さんにかかっています。
それには、自分の視力を知っていることが肝心です。

 

 

そうすれば、子供の視力と比べてみることが出来るからです。
例えば、駅の時刻表を同じ位置から見て、自分よりも良く見えていれば、ひとまず安心です。

 

 

ですが、この時に目を細めているようなら要注意です。
近視の人は、メガネをかけていない状態で物を見る時には、無意識で目を細めます。
これはピンボケに見えている像をはっきりさせようとしているからなのです。

 

 

極端な場合だと、本当は0.5なのに0.7くらいまでに視力アップすることも証明されています。
したがって、子供が眼を細めてみて、親御さんと同じ視力だとしたら、仮性近視になっているかもしれないので、子供の見る状態をチェツクすることも忘れないで下さいね。

 

 

プロの専門家が教える!高額費用をかけることなく自宅で楽しく行える方法

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる