子供の勉強嫌いを招くのは視力低下から?

子供の勉強嫌いになる理由のひとつに視力の低下がありますね。
例えば、小学校の高学年にもなると授業も徐々に難しくなってきますが、その頃になるとこれまで成績の良かった子の成績がガクンと悪くなることが良くあるんですね。

 

 

これば何も、勉強内容が難しくなってついていけないというのではありません。
それまでの成績から見れば理解力も十分にある子供です。

 

 

そのような子を調べてみると、たいてい視力が落ちていることが多く見られののです。
学校での一学期の終わりに行われる視力検査では、0.8〜1.0くらいで一応正常ということだったのに、夏休み明けの二学期になると両目とも0.5くらいなっていたりと、子供の視力低下は大人が考えている以上に驚くほど早く進むのです。

 

 

その為、お母さんも学校もそれに気づかず、どうして成績が落ちたのか心配して、やる気を起こさせようとハッパをかけます。

 

 

また、こうした子は、学校でも家庭でも生活態度がこれまでと違ってきます。
最も大きな変化は、集中力がなくなってくることでしょう。

 

 

机に向かって教科書を読み出しても、5分もたたないうちに投げ出してしまったりするので、親からしてみれば、「どうしてこんなに飽きっぽいのかしら」「落ち着きがないんだから、この子は」などと、怒っているうちに、子供の学校の成績はますます下がるばかり…。

 

 

こうした子供は、教室で最前列の席ならいいのですが、そうでないとはっきりと黒板の字が見えないことも多いので授業にも身が入りません。
当然、勉強内容も把握できないわけですから成績が落ちるのは無理もないでしょう。

 

 

そうなれば意欲も失せて、テストも良い点がとれず更に成績が落ちるという悪循環に陥ってしまいます。
このように視力低下に気づかずに、すっかり勉強嫌いになってしまったという子供というのは思いのほか多いのです。
ですが、そのような悩みも専門家が教えるビジョントレーニングで解消することが可能です!

 

 

1日10分!ゲーム感覚で飽きずに自宅で出来る方法

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる