メガネをかけると視力低下が進む理由とは?

一般的に、メガネをかけると視力低下が進むと思われている方が多いようですね。
視力が良くないお子さんをお持ちの親御さんの中には、自分もメガネをかけて、どんどん度が進み視力が悪くなったことから、子供にはかけさせたくないと思われている方が少なくありません。

 

 

確かに、良く見えるだけのメガネでは、度が進む傾向kがあり、簡単に作ってしまうと目が疲れたり、肩こり、頭痛、めまいなどの原因になることがあるようです。

 

 

そして、眼鏡をかけると視力の低下が進んでしまう理由としてまず挙げれるのが、近視を放置して良くしようとしないからでしょう。
これは当たり前ですよね。

 

 

目をよくしようとする気持ちと行動がないと、どんどん進行し、それに比例して度は進みます。
外見上はメガネをかけたことで、近視が酷くなったように見えますが、正しくは視力低下を放置していることが一番の原因です。

 

 

また、メガネは脳にも合わせて作るものです。
というのも目と脳は互いに結びついているからです。それを調べることなく30分くらいで「はい、出来上がり」のメガネでは、ますます近視が進んでしまうでしょう。

 

 

何より、頼りっぱなしでは、見る力が衰えてしまいます。
大事なのは、メガネに頼って見せてもらうのではなく、出来るだけ自分の見る力を発揮させながら、最低限度を補うようにすることです。

 

 

全面的に頼ってしまうと視力がますま悪くなるのと同時に、見る力も低下して見えなくなってしまいます。
したがって、どこかでメガネに頼ることを減らして、目の自立をはからないと近視は良くなることはありません。

 

 

プロの専門家が教える!高額費用をかけることなく自宅で楽しく行える方法

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる