近視に多いイジメられっ子

近視にイジメられっ子が多い傾向があるのをご存じですか?
最近は以前ほどメディアなどにも取り上げられることは減ってきましたが、表に出ない形のイジメは、子供達の間ではまだまだなくなっていません。

 

 

そうしたイジメられっ子は、近視など目の異常があるために、授業中に集中出来なくなったりします。
そうなると、どうしても本を読んだり勉強することがおっくうになります。

 

 

そのようになるのは、たえず視神経を緊張させて目の調節機能を働かせなければならず、非常に疲れてしまうからです。
これは勉強に限ったことではなく、友達と遊ぶにしても、相手の顔や動作がはっきり見えないと、正常な視力の子の何倍も疲れてしまいますから、すぐに飽きたり、気の乗らない態度になりがちです。

 

 

そんなことで、友達から敬遠されたりしているうちに、引っ込みじあんが酷くなり、いつも仲間から孤立しているような子供になってしまいます。
その上、学校の成績も悪く、走ったりボール投げをしても動作がノロいとなれば、どんくさい奴とイジメっ子の格好の対象になってしまいます。

 

 

こうしてイジメられることで性格はますます消極的になって、協調性もなくなり、劣等感の裏返しとして家庭で攻撃的になったりと、人格形成期の子供に与える影響ははかりしれません。
また、近視や遠視などの視力異常があると、先生や親はともかくメガネと考えますが、子供にとっては大人が考えている以上に精神面に影響を与えます。

 

 

実際にメガネをかけている小学生、中学生をを対象としたある調査によれば、メガネを初めてかけたとき、友達にからかわれて、とても嫌だったと答えた子は8割近くもいました。
更に、自分の性格が変わったと思うかの問いに対して、半数近くの子が暗くなった、消極的になったという答えが圧倒的でした。

 

 

しかし、残念なことにこうしたことにまで思いを巡らす親や教師は殆どいないのが現状です。
現代は、レーシック手術やオルソケラトロジーなどの新しい近視矯正の方法も色々とありますが、少なくても子供の間はメガネが必要のないくらいまで視力は維持させてあげたいものです。

 

 

高額費用をかけることなく自宅で センターと同等のトレーニングが行える方法

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる