近視は失明のリスクが高まる

近視は失明のリスクが高まると言われているのをご存じですか?
なかでも中途失明の一番の原因の緑内障は、40歳をすぎたあたりから、そのリスクが高まるようです。

 

 

そして、近視を放置し視力が0.1以下の強度の近視まで悪化すると、その合併症である緑内障や網膜剥離になりやすいのです。
実際に40誌以上になると5〜6人に一人が緑内障や網膜剥離を併発しているという報告があります。

 

 

眼科では治らない病気とされ、経過観察を続けるのみで、患者としてはますます不安が募ります。
その為、子供の頃の軽いうちに視力を回復し、はっきり見えるようにしてあげることが重要になります。

 

 

また、世間には視力回復法らしきものがたくさんあり、本当に実績があるのかと思わせるものだらけです。
その中で一般的なのはレーシック手術があり、あっという間に視力があがり見えるようになるので、ある意味夢のような技術です。

 

 

しかし、それは本質的な問題が改善したわけではありません。
最大の問題点は、眼球がが前後に変形し、眼球が伸びてラグビーボールのようになってしまうことです。

 

 

この歪みを放置すると、将来、近視の合併症と言われる緑内障、白内障、網膜剥離、黄斑変形症などを引き起こす可能性が高くなります。
レーシックは角膜を削って視力を矯正するので、この歪みは残っているのです。

 

 

根本的に回復するには、その後の自分自身の努力にかかっています。
つまり、目を酷使する生活習慣や正しくない目の使い方を改めないと、再び視力低下し続けるということです。

 

 

そして、目が悪い親が、子供と一緒にトレーニングする意味がここにあります。
子供は視力回復、親はそれに加え失明予防の為。
目を酷使したまま何の対策もされないと見えなくなるのは当然です。

 

 

ですが、諦めるのはまだ早いです。
1日10分間のトレーニングで、90日以内に メガネ、コンタクト生活から解放された方は、全国の 『 アイトレーニング視快研 』 も含めると、3万人以上も いらっしゃいます。

 

 

高額費用をかけることなく自宅で センターと同等のトレーニングが行える方法

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる