子供の弱視はトレーニングで治るの?

子供の弱視で悩んでいませんか?
両眼視の支障は勉強の大きな妨げになるところでも触れましたが、弱視は本人も自覚しにくい上に外見からはよくわからず、周囲の人も気づいていないケースが多く見られます。

 

 

その為、良くあるケースに小学校の入学前検診で子供の視力が悪いことを初めて知る親御さんも結構いらっしゃるようです。
これまで気づいてやれなかったという申し訳ない気持ちになるお母さんも少なくないでしょう。
それと同時に、子供の将来の視力がなくなってしまったらどうしようかと不安になるものです。

 

 

病院で診てもらうと弱視でメガネとアイパッチをするように言われ、あげくのはてには、「今からやってももう遅いだろうから回復するか分からない」と言われ、お先真っ暗になったという話も聞きます。

 

 

ですが、眼科で弱視と言われた人の8割くらいは本当の弱視ではないことがあるようです。
その為、きちんと対策をすれば視力も視機能も回復する場合もあるようです。
ただ、遠視性弱視の場合は、一刻も早く視力を回復させることが必要になり、7歳くらいまでは治さなければいけません。

 

 

さもないと、学習能力や運動能力にかなり不自由が生じるようになり、学校では落ち着きがない、勉強が出来ない、努力が足りない子などと周囲から誤解を受けて、問題児扱いされてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

 

いずれにしても、弱視は近視とは違い、メガネをかけても十分に視力が出ないことがあり、脳が発達し見る力が育つ幼児期に対策をすることが大切です。
それには見た情報に対して理解し、分析し、更に自分がどう反応するかまでを含めた広い意味での見る力である視覚を鍛えるビジョントレーニングが強い味方になってくれる筈です。

 

 

なお、子供の弱視でお悩みの方は、まずはトレーニングで視力が良くなる可能性があるのか、専門家に相談してみるのが一番です。

 

 

プロ専門家が教える!高額費用をかけることなく自宅で楽しく行える方法

公式ページ内でメール・お電話の無料相談受付中!

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる