子供の視力回復は諦めてはいけない

視力回復トレーニングセンターに相談に来られる人が口にする多い言葉をご存じですか?
それは「眼科では良くならないといわれたので諦めていました」というものです。

 

 

ですが、考えてみればこれまでに視力が回復しないということを証明した人はいませんよね。
あくまで眼科の先生が、「眼が良くならないからメガネをかけましょう」というのは個人的な意見にすぎないとも言えるのです。

 

 

今の社会保険制度のなかの眼科診療には、視力測定やメガネの処方は適応項目として保険点数化されていますが、視力回復は適応外になっています。
そもそも今の制度は、60年以上前に作られたものなんですね。

 

 

その当時、今のように携帯ゲームなども普及もしておらず、近視などの子供はほとんどいませんでした。
クラスに遠視の子が2〜3人いたくらいでしょう。

 

 

つまり、現代の小学校のクラスの半数近くがメガネをかけていることを想定して作られていないわけです。
個人的には、そろそろ仕組みの改正する時期が来ているのではないかと本気で思います。

 

 

そして、人間の眼は、以前は普通に生活していれば、自然と眼筋が元に戻り視力低下することは少なかったようですが、今の子供たちは外で遊ぶことが少なく、狭い部屋の中でゲームやテレビといった近い所を凝視続けることが多いために、近視が進行しやすいのです。

 

 

また、6歳前後の眼が出来上がる時期に、ゲームなどを毎日のように長時間に渡って集中して行うと、急激に近視になるだけでなく、眼が正しく発育せずに遠近感や立体感が乏しい平面的な視覚能力に陥ってしまいやすくなります。

 

 

今の時代は、レーシックなど、新しい近視の矯正法など色々ありますが、いずれも公的保険制度は使えず、高額な費用がかかってしまうことが多いものです。
かといって、視力回復を諦めて放置したらおしまいです。

 

 

普通のメガネやコンタクトをすれば、殆どの人がどんどん視力の低下が進み、最後には強度の近視以上になることも少なくありません。
結局は、自分の子供は親が守ってあげる以外には手はないのです。

 

 

プロの専門家が教える!高額費用をかけることなく自宅で楽しく行える方法

眼科では 視力低下を治す方法がないことに 気づかれた あなたへ

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる