子供の視力ケアは自宅でしよう

子供の視力ケアを自宅でおこなっていますか?
厚生労働省が毎年発表する学校保健統計調査では、近年は一貫して子供の視力や体力、学力が低下し続けているようですね。

 

 

特に最近は小学生から中学生にかけては近視の悪化が止まりにくくなりました。
現代は、パソコンやスマートフォーンなどの情報端末が普及したこともあり、子供の視力の環境がより劣悪し、近視が強度化しているとも言えるのです。

 

 

そして、視力回復で一番大切のは、早く発見することです。
ですが、目は歯とは違い、悪くなっても痛くなく、身体的なサインがないので、見つけることが難しいのです。
多くの親御さんに共通しているのは、子供の目が悪くなっていることに「気づきませんでした」というものです。

 

 

ゲームに夢中になっていたり、長時間の読書など、目を酷使したりするなどの生活習慣のチェックを怠っている親が多いのです。
日々の生活で忙しいのは分かりますが、少しだけ子供の視力に注意を向けてあげて下さい。

 

 

このことに気づいてあげれなかった親の心のゆとりのなさが子供の視力低下をもたらしたならば、家庭で子供の視力はケアしていかなければいけません。
実際、学校も眼科も視力が悪くなった子供のことを考える余裕はありません。

 

 

目が悪いと授業に差し支えるので、メガネをして下さいの一点張りです。
ですが、メガネをしても集中力や記憶力、読解力、想像力、理解力などの脳内視力は戻りません。
ただ見えるだけです。

 

 

学校は、目が悪い子供を見つける、眼科は眼鏡をすすめることが仕事になってしまっているのです。
また、公的医療制度ではレーシック手術などで目を良くするのは対象外ですよね。
したがって、原因を取り除き、視力を回復して守ってあげられるのは、親であるあなた以外に誰もいないのです。

 

 

プロの専門家が教える!高額費用をかけることなく自宅で楽しく行える方法

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる