視力とコミュニケーションの関係

視力とコミュニケーションの関係をご存じですか?
そもそも視力が悪い子供は、相手の気持ちをみ取ることが上手く出来ず、人づきあいが上手く出来ない子が少なくありません。

 

 

と言うのも、相手が何を言おうとしているのかを、顔の表情や声の変化から読み取ったり、自分がこんなことを言ったら相手はどう思うのかなどを推測したりすることが苦手なことが多いからです。

 

 

ですが、その場の空気を読んだり、相手の気持ちを想像して全体を把握して、自分の考えを上手く伝えようとする能力は、イメージ力によって育まれるのです。

 

 

これは人間関係などのトラブルが起きた時などの対応力にも繋がるでしょう。
そして、ビジョントレーニングはイメージ力など視覚全般を向上させることが出来ます。

 

 

見た情報に対して理解し、分析し、更に自分がどう反応するかまでを含めた広い意味での見る力が視覚になるので、時にコミュニケーションが円滑になるきっかけになることがあります。
そうなれば、学校での友達ともうまくやれるようになるでしょう。

 

 

したがって、ビジョントレーニングは「見えないものを見ようとする」このイメージ力を向上させ、相手の置かれた状況や気持ちを思いやることが出来るようになるなど、視力回復はもちろん、子供の人間形成上にも大きなプラスになると思われます。

 

 

90日以内にメガネやコンタクトが必要のないレベルまで、視力アップが期待出来ます!

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる