子供の近視と遺伝との関係

子供の近視などの視力低kは、遺伝するという説がありますね。
そんなこともあり、子供も視力が低下してきたのは遺伝があるのではないかと心配されている親御さんもいらっしゃるではないでしょうか。

 

 

これは、確かに全面的に間違いと否定することは出来ませんが、信じてしまうことで差し障りも出てくるので注意が必要でしょう。
確かに体質的に近視になりやすいという人や、病的な強い近視といった遺伝性のものもあるようですが、一般的な子供の近視がすべて親から遺伝ということではありません。

 

 

実際に多くの病気がそうであるように、目の症状も殆どが遺伝的なものと環境的因子の2つから近視などの視力低下が起きます。
特に子供の視力低下は環境的要因がかなり大きいと考えられます。

 

 

実際に、一昔前までは今ほど子供の近視が多くありませんでしたが、その後の受験戦争などが激しくなるにつれて、子供の近視が増加してきているからです。
また、現在は、テレビに加えゲームやパソコン、スマートフォンなどが普及してきたことが、子供の近視などの視力低下に拍車をかけていると考えられます。

 

 

何より子供の視力低下が親からの遺伝なのか、それとも環境的なものなのかは見分けはつきにくいでしょう。
何故なら、一つ屋根の下で暮らしていることで、生活習慣や食生活などが似てくることから、親子で環境的な同じ因子を持つことになるからです。

 

 

その為、子供の視力低下を遺伝だと気にする前に、テレビやゲームで目を酷使していないか、近くの物を凝視していないか、ビタミンなどの栄養のバランスはとれているかなど、まずは目に悪い環境への配慮をすることが大切です。

 

 

そして、実際の視力は様々なことで変動しますが、視覚の面から考えると眼球や情報を伝える視神経、情報を解釈し理解する脳の問題です。
視力は年齢によって変動してきますが、特に子供の頃に問題になるのが一時的に遠くが見えにくくなる仮性近視です。

 

 

これは、悪い姿勢で長時間勉強したり本を読むなど、近くを見続けていると、眼が調節作用を強く行い、毛様体の筋肉が収縮しっぱなしになり、次に遠くを見ようとした時に、元に戻らなくなってしまうのです。
眼の調節作用がうまく働くなり、はっきりものが見えなくなってしまいます。

 

 

ですが、仮性近視の場合は、一時的な症状ですので、早期に適切なトレーニングなどの治療を行えば、治すことが出来ます。
しかし、そのまま何もせず放置しておくと、本当の近視になってしまいます。
そして近視や乱視が問題になり、年をとるにつれて老眼や緑内障などが問題になってきます。

 

 

一般的に近視が進むのは成長期の10代といわれており、身長が止まると近視の進行も止まることが多いようです。
そして目が悪いことに気がついて眼鏡をかけはじめた当初は、多くの場合は、まだ近視が進行中です。

 

 

そのため、どんどん度が進んで、半年くらいで眼鏡の度数を変えなくてはいけないこともあります。
つまり、眼鏡をかけたから近視が進んだのではなく、近視が進む時期に眼鏡をかけるようになったからということです。
したがって子供の視力回復のトレーニングをするなら、遺伝と諦める前に出来るだけ早い時期に行った方が効果があるのは確かです。

 

 

ですが、このアイ・トレーニングの出口隆さんの楽々!視力アップマニュアル・トレーニングでは、9年間で 3,817名の お子さんや、大人の目を診察・指導し、視力回復へと導いてきた経験から、たとえ、“真性近視” であったとしても、メガネが要らないレベルまで回復させた症例が多くあります。

あなたのお子さんも同じように、90日以内に視力を回復させる可能性は十分に期待出来るでしょう。

 

1日10分間!ゲーム感覚で視力アップできるトレーニング

 

「楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き」の詳細を見てみる