視力回復する為の知識

ここでは知っておきたい視力回復する為の知識を解説しています。
視力アップや視力低下の予防、維持したい方の参考になれば幸いです。

視力回復する為の知識記事一覧

視力低下の原因はなんでしょうか?また、どうすれば視力回復や予防、維持ができるのでしょうか?視力低下の原因はたくさんありますね。一般的に言われているのは、暗い場所で本を読んだりTVゲームや携帯、マンガなど近くのものを見続けたりすることで、眼に負担をかけることで眼精疲労を引きおこし、視力低下(近視)につながると言われています。また、ストレスや病気、薬の副作用などで視力が変わることもあります。テレビにや...

眼鏡をかけると裸眼の時に比べ、視力低下や近視が進むのでしょうか?私は以前に眼鏡屋さんや眼科医さんにメガネをかけはじめることで目が悪くなる訳ではないと言われたことがあります。もちろん自分にあった適切な眼鏡でないと視力が低下するということもありますが、視力検査を行って眼鏡を作っており、これまでにも度も眼鏡を交換してる訳ですから毎回適切でなかったというのも納得できない気がしていました。そして、色々調べて...

近年、現代の子供の視力が急速に低下していることが問題視されていますね。以前は、メガネをかけるかかけないかの仮性近視や軽度の0.9〜0.5の子供が多かったのですが、現在ではメガネをかけている子供も増えています。その背景には、幼少期からのゲームやパソコン、携帯などといったIT機器の影響があると言われています。ですが、現代の子供の近視などの視力低下は、ゲームやパソコンなどのやりすぎで目を酷使する機会が増...

正しい視力測定を行っていますか?子供の学校での最近の視力検査では、1.0以上がA、0.7〜0,9がB、0.3〜0.6がC、0.3以下がDとなり、四段階の判定に分けられていますね。ですが、正しく視力測定をしないと、本当の視力は分かりません。現在のランドルトの視力測定の基準では3秒以内に見えるところを視力としていますが、実際には目を細めてみるとかなり上のほうまでぼんやりと見えてしまうことがありますし、...

私たちの眼は6つの筋肉によってコントロールされていることをご存じですか?人間の眼は、上と下の2つの斜筋と、内と外、上、下の4つの直筋という6種類の眼筋が眼球にくっついています。そして、これらの眼筋が眼球動かしているんですね。ですので、顔を動かさなくても上下左右にある程度まで物が見えるのは、これらの眼筋のおかげです。ですが、この眼の筋肉も、手や足などの筋肉や腹筋などと同じように、使わなければどんどん...

視力回復させるには、目の筋肉と脳の働きの両方を鍛えることが必要なのをご存じでしょうか?視力とは単に静止している物を見るだけではなく、目に入ってくる色や形、大きさなどの情報をいかに効率よく脳に送り、それを脳が認識・理解・発想・決定して脳が行動を起こさせます。つまり、物を見るというのは、目と脳の共同作業ということなんですね。ですので、視力を回復させるには、目のピントを調節する筋肉と、脳(右脳)の働きの...

子供の近視などの視力低kは、遺伝するという説がありますね。そんなこともあり、子供も視力が低下してきたのは遺伝があるのではないかと心配されている親御さんもいらっしゃるではないでしょうか。これは、確かに全面的に間違いと否定することは出来ませんが、信じてしまうことで差し障りも出てくるので注意が必要でしょう。確かに体質的に近視になりやすいという人や、病的な強い近視といった遺伝性のものもあるようですが、一般...

目を休ませれば視力は上がると思いますか?長時間に渡って勉強や読書、テレビを見たり、スマートフォンをやったりすると、確かに目は疲れてきて眼精疲労に陥ります。そうなると誰しもが本能的に「目を休めなければいけない」と思うものです。ですが、疲労したから目を休めなければいけないという発想自体が、そもそもの間違いなのです。これらはいずれも、姿勢を多少は変えたとしても目と目的物との距離は10センチとも変動しない...

新入学や進級時には学校の視力検査で視力低下を指摘される子供も多くなるものですが、近視の進行に網膜が関係していることをご存じですか?よく目はカメラに例えられますが、フイルムに相当するのが網膜で、眼の奥にある厚さおよそ0.1〜0.4mm薄い膜ですこの網膜の働きとしては、簡単に言えば眼球に入ってきた光を受け入れる受容部分であり、光を捉えて視神経を通して脳にその情報を送るのです。そして、網膜は数平方cmの...

子供の視力は8歳から10歳頃になると近視が進みやすくなるのをご存じですか何故なら、ちょうど体の成長期の小学校高学年の身長が伸びるのと同じように、角膜から網膜までの眼球の長さ(眼軸長)が伸びるからです。そもそも近視は、網膜の手前でピントが合ってしまう状態なので、眼軸長が伸びるほど網膜が後ろにずれて、網膜で合うはずのピントが前にきてしまうのです。こうなると目の調節力も低下してくるので、近視が進行してし...

最近は5歳の頃から 視力低下が見られるお子さんが年々増え続けていますね。就学前の検診で5歳の子供の視力が低下していれば、親御さんなら責任を感じてしまうものですよね。近頃は幼児教育がすすみ3歳ぐらいから、子供チャレンジやくもんなどをさせるなど、幼児教育に熱心な親御さんも増えましたが、逆にそうした教材をタブレットを使用させたりすることで、遠くを見る時間より手元を見る時間が圧倒的に長くなってしまい、就学...

お子さんをお持ちの親御さんで、我が子が黒板の字が見えないという悩みはありませんか?遠くから近くまではっきりと見る為の焦点(ピント)合わせが出来ないない子供にとって、学校で最も困ることが黒板の字が見えないことですよね。特に席が後ろのほうになってしまうと、離れている黒板から机の上の教科書やノートに目を移した時にすぐに焦点が合わず、文字はぼやけたままということになりがちです。ノートに黒板の字を写しとるに...

両眼視の支障は勉強の大きな障害になることをご存じですか?両眼で一つの物の位置や距離を正確に掴む為に必要なのが両目のチームワークですが、その左右の眼のわずかに違う映像情報を脳でまとめて一つの視的印象とする機能が両眼視です。ですが、日本の学校の視力検査では、片眼ずつ検査が行われるので、2つの目が協調して目標物を捉えることができているかどうかを調べることはあまりありません。その為、子供の視力の問題で最も...

近年、眼球運動に問題がある子供が増えているのをご存じですか?そもそも視力低下の原因の一つに、モノを凝視し続けることががありますね。特に最近は、パソコン、スマホ、携帯、テレビゲームなども普及し、外で遊ぶよりも室内で遊ぶ子供が増えてきています。足腰の筋肉も使わないで寝たきりになると衰えてくるように、目の筋肉も使わなければ衰え、ピント調節なども上手く出来なくなり視力低下してくるのです。そして、目標物にし...

視力回復には、イメージトレーニングも大切なのをご存じですか?一昔前なら、子供たちは遊びの中で自然と身につけていましたが、現代の子供は外で遊ぶことが減り、受け身のゲームやテレビなどが中心になり、視力低下に伴ってイメージ力も乏しくなっています。このイメージ力は、他の動物にはない人間だけが持つ素晴らしい能力であり、絵を描いたりする芸術面はもちろん、子供の場合なら学校での算数や国語の問題を解いたり、自分の...